日別: 2017年11月25日

入社後にすぐ活躍できる!内定者フォローの3つのポイント

内定者フォローはなぜ行うのか?

内定者の事前研修、つまり内定者フォローには大きく2つの目的があります。1つは、内定者の不安を少しでも軽くすることです。そしてもう1つは、早期社内研修という目的です。早期社内研修という視点から、内定者フォローのポイントを3つ解説していきます。

ビジネスに必要な予備知識を学ぶ期間である

内定が出た後は、残りの学生時代を謳歌する期間、と考える学生もいますが、実は社会人になるまでに必要な基本的な知識を学ぶ大切な期間です。学生気分が抜けないままに、何も準備しないで過ごしてしまうと、4月の入社時に先輩だけでなく同期との大きなギャップに驚くことになります。ギャップが埋まらないまま五月病になり、つらい日々を過ごす新入社員も少なくありません。学生の意識改革、そして予備知識を自ら学ばせるような環境・情報を提供することが非常に重要です。

社風・企業方針を十分に理解する

企業理解が不十分なままに内定が出てしまうケースもあります。入社前に、万が一そういったことのないように、自社の風土や考え方、方針などを今一度確認することが必要です。そのためには、実際に会社にアルバイトにきてもらうなど、自分の目で確かめてもらうのが確実です。入社時には、高いモチベーションをもって仕事に臨んでもらうことができます。

同期と接触で帰属意識を高める

社員が同じ方向を見て努力できる人間関係は、企業の成長に欠かすことができません。特に、人間関係に敏感な入社早々に、同期同士の絆、先輩への敬意など、よい人間関係を築ける基盤を作りが大切です。OJTなどを通して、仕事を協力することや支えあいを学んでいく重要な期間です。個人的な指導よりも、グループにおける指導が、そういった協力などを学ぶには適当です。

社員教育は、より良い企業運営のために必要です。社内の人事部などで行うこともありますが、外部から講師を招くなどして行う場合もあります。

0 Comments
Read Full

まったく難しくはないが大事なこと!開業届と確定申告

始めるのは簡単!自営業の開始法

自営業を始めることは、難しくありません。また、届け出をしなくても自営業はできますが、支払う税金を減らしたい場合、税務署などに書類を提出する必要があります。

個人事業主として自営をするためには、まず開業届を税務署に提出し、屋号や住所を登録します。そして、白色申告か青色申告のどちらかを選びます。青色申告をすると、税務上で多くの控除を受けることができるので、支払う税金が少なくなります。しかし、青色申告をするためには、賃借対照表をつける必要があるので、手間がかかります。

開業届さえ提出すれば、個人事業主として活動することができます。しかし、金融機関から融資を受ける場合には、詳細な事業計画書を書く必要があります。また、会社員時代の取引先とビジネスをするなら、挨拶文などを送付することが推奨されます。

自営業をやり続けるためには必要!確定申告

自営業者として活動を続けるためには、毎年の確定申告を自分で行う必要があります。確定申告をすることで、次年度の所得税や住民税、健康保険料などが決定されます。確定申告を怠ると、税務署から追及されることがあるので、注意が必要です。

確定申告を適正にするためには、毎月の売上や仕入れの額を、帳簿などに記録しておきます。自営業では、ビジネスに直接関わる取引だけではなく、書籍代やセミナー代も支出に含ませることが可能です。また、レシートや領収書は、確定申告をするうえで重要なものなので、適切な場所に保管しておきます。自営業では、確定申告は義務付けられているので、毎年行う必要があります。

大手コンビニエンスストアやスポーツセンターなどが例にあげられます。同じグループに属し各グループを統括する本部があり、本部からの指示に従って運営方針や物を扱う店舗のことをフランチャイズと言います

0 Comments
Read Full

荷物を預かってもらう倉庫を利用すればすっきり

貸倉庫を上手に活用する

会社で仕事を続けていれば、当然いろいろな荷物が出てきます。そして、3年間保管しておかないといけないもの、5年もの、10年ものといった感じでどんどんと仕事をこなしていけばいくほど、保管資料は増えていき、それほど広くない会社ですと、置き場所が無くなってしまいます。置き場所がなくなってしまったら、どうすれば良いでしょう。

こんな時に活躍してくれるのが貸し倉庫になります。貸し倉庫はいろいろな会社に重宝されています。単に保管しておかなくてはいけない書類関連を保管してもらうこともできますし、一年に一度だけ利用する機器類を保管してもらうこともできます。また、頻繁に出し入れするものでも、大量荷物がある場合は、一時避難場所として利用することも可能です。

最近の貸し倉庫は、単に物置場所としてではなく、付加価値をつけてサービス面もとても良くなっています。倉庫内に関しても適温で湿度などもきちんとコントロールされているところも増えています。

出し入れが自由自在で手軽です

最近の貸し倉庫では、必要な時に必要な書類だけを指定した場所に届けてくれます。本当に昔の時代の倉庫では、そのようなサービスは行っていませんでした。今は競争相手もとても多くなっていますので、こうした付加価値はお客さんにとってもとても便利です。だからといって、それほど高い料金設定になっているわけではありません。

料金体系も実にリーズナブルな設定ですから、貸し倉庫はうまく利用することで仕事の効率が上がります。

物流」とは生産物を物理的に移動させ、生産者へ届けることを指す言葉で、元々は「物的流通」を略した言葉です。生産物に関する金銭の流れを意味する「商流」と対になる用語です。

0 Comments
Read Full

色んな部分でプライバシー侵害!対策を行う事がとても重要

重要書類から大切な情報が漏えいする可能性

重要書類には大切な情報がいくつも掲載されている事が多いです。安易に破棄してしまうとそこからプライバシー侵害を受ける可能性があるので、気を付けないといけません。重要書類を破棄する時は、基本的にシュレッダーなどの機器を使用する事が多いです。復元不能な状態で破棄すれば、悪用を考えている方も大切な情報を盗み取れません。安全に重要書類を破棄できる為、すでに多くの人がシュレッダーを使用してプライバシー侵害を防いでいます。

生活している状況を見られるもしくは盗聴の危険

男性よりも女性に多いプライバシー侵害の一つとして、住まいに対するプライバシー侵害をされる事があります。生活している状況を覗かされていますと安心して生活するのが難しくなります。特に女性は精神的な苦痛を感じてしまう為、安心して生活できるように住まいに対するプライバシー対策が必要です。外から覗かれないように視線を遮断するカーテンを使用したり、探偵事務所などを利用して盗聴器が仕掛けられていないか確認する事が大切です。

精密機器から侵入されるプライバシー侵害

仕事や生活など精密機器を使用する頻度は格段に上昇しており、多くの人が各々の使用目的の為に精密機器を活用しています。大切な情報やデータを精密機器に保存するケースも多い為、大切な情報やデータを盗み取られないようにプライバシー対策をする事が必要です。ウイルス対策ソフトを導入して、万が一の事態が発生しないように工夫しなくてはいけないです。その他にも怪しいサイトやブログにアクセスするのも極力避けて、プライバシー侵害を自ら防ぐ行動も必要になります。

機密文書を処分する際には、外部への流失に最大限の注意を払う必要があり、専門業者への依頼も有効な手段です。

0 Comments
Read Full