月別: 2018年2月

2000年代に入ってM&Aが活発に

2000年代に入って、従来存在しなかったジャンルの様々なIT系企業が急成長するようになりました。そして、インターネット上では色々なことが出来るため、各企業が経営の多角化でさらに会社を成長させようとする中、ライバル企業に差をつけるため、M&Aを積極的に行う経営者が増えました。なぜなら、同じように経営を多角化させるライバルが多い中、0から新規事業を始めているとノウハウを蓄積したり事業を軌道に乗せるには相当な時間がかかりますが、ノウハウや経験をお金で買う事でトライ&エラーを繰り返す時間を省けるからです。この賢い方法を積極的に取り入れ、ものすごいスピードで経営の多角化させて大成功しているIT系企業が日本には多数存在します。

相手の考え方・生き方などをよく分析する

ただし買収して別の会社が同じグループに入るということは買収した企業がなんらかの不祥事を起こした場合、自分達には関係ない事と思っていても、外部からみれば、そのグループ自体が起こした不祥事として見られてしまいます。そしてグループのトップが汚職・不祥事に深く関わっているのではないかと強く疑われてしまうような可能性さえあります。そのため、M&Aを行う前にはまず、十分すぎるほど買収先のトップとの話し合いをし、仕事や金に対する考え方や、生きる上で大事にしていることを聞いたりして自分達と調和するか細かく分析することが重要です。

相手の会社の将来性の分析

過去を振り返ると、社長同士の相性が合うというだけで勢いでM&Aを決めてしまったものの実は相手先が業界内において下り坂の会社であったためM&Aの数年後に離別するような例も起きています。そのため相手側との相性の良さで決めてはならず、細かい業界内勢力分析も重要です。

M&Aとは企業の合併買収のことです。後継者問題の解決、事業再編に備えた経営基盤の強化など、企業の存続と発展を実現させるための戦略的な方法です。

0 Comments
Read Full

社員研修を行う目的とは

社員研修は別名社員育成と呼び、優秀な人材に育てるために企業が行っています。新人社員が対象ですが中堅社員やリーダー研修まで非常に幅広く行っているのが特徴です。企業において必要になる技術力と知識を身につけられるので仕事をスムーズに行うことができます。一定の品質を保つ社員を育成すればサービス全体の向上を行えるので必須の作業です。

eラーニングを導入することも可能

インターネットを利用した社員研修をeラーニングと呼びます。会社に導入すれば社員育成が非常に楽になるので必見のサービスです。社員はパソコンやスマートフォンを使いいつでも自由にeラーニングを行うことができます。利用することによって個人や関係性の変化を得られるので必見です。

通常の社員研修同様会社全体の育成にもつながるので検討してみましょう。個人の変化だと業務の理解からフローの理解まで行える、これにより個人が強い組織に変化します。仕事をするときに重要になるのがコミュニケーション能力です。eラーニングを使うと協調性を上げられるのでグループ間の仕事も楽に行なえます。

通学型と大きく異なり導入コストもかなり少ないので企業にとっては理想的な商品です。

プログラミング社員研修もある

オンラインで利用できる社員研修にはIT法人向けのプログラミング講座もあります。こちらは一人ひとりにメンターがつくシステムで個人に合った学習方法を採用するのが魅力です。またオンラインで行うので環境さえ整っていれば場所を問わず利用できるのも強みとなっています。

各社で行われている管理職研修にて外部の研修に向かう場合ですが、主に行政上の専門用語が飛び交いますのでメモを取るノートは無論ですが、ボイスレコーダーで録音しておいたほうが後々報告書にまとめる際便利です。

0 Comments
Read Full

半導体は能動部品です

電気製品を自作する上で欠かせないのが電子部品です。電子部品は能動部品を初め、能動部品や機構部品の3つに分ける事が出来ます。電子機器に欠かせない存在とも言えるのがICやトランジスタなどの半導体です。半導体は電気を良く通す導体、電気を通さない絶縁体の中間位置にある物質で、電気を通したり通しにくくするなどの伝導特性を持っています。また、半導体は入力と出力を持つ電子部品、与えられた命令により特定の電圧を出力するなどの特徴を持つもので、能動部品に含まれます。

受動部品と機構部品について

受動部品は電力を消費する、電力を放出する、電気を貯めるなどの機能を持つ電子部品で、コンデンサや抵抗、コイルなどがあります。機構部品は電子部品を実装する時に使うプリント基板、スイッチやコネクターなどになります。電気製品はこれらの電子部品を組み合わせ、電子回路を構成してあるのが特徴です。半導体の中でもICの場合にはピン配列が設けてあり、逆向きに半田付けすると機能しないだけでなくICを破壊する原因にもなるので注意が必要です。トランジスタなどの場合はエミッターやコレクタ―、ベースと言う3つの端子がありますが、接続を間違えると壊れてしまう事もあります。コンデンサの中でも電解コンデンサはプラスとマイナスの極性を持つ部品で、コンデンサについても極性を間違えると壊れてしまう、最悪の場合電子回路の一部を破壊する恐れがあるため、半田付けを終えた後は、部品が正しい方向で挿入が行われているのかを確認してから通電するようにしましょう。

プリント基板設計は電子的な回路図設計と共に物理的な基盤設計やプリントも必要になります。そこで回路図と設計図を渡し最終だけや、動作と大きさだけで最初から最後まで作成する等アウトソーシング化が一般的です。

0 Comments
Read Full

社員研修のメニューにこだわるには

社員研修を意義のあるものとするために、一人ひとりの社員に興味を持ってもらいやすい研修のメニューを選ぶことが何よりも重要です。例えば、日々の業務に関することだけでなく、社会生活で役立つビジネスマナーや英会話などのメニューを上手く取り入れることで、研修の内容を充実させることが可能です。また、人事担当者や各部署の責任者が意見を出し合って研修の取り組み方について検討をする機会を設けることも大切です。社員研修を成功させるためには、ある程度の準備期間が必要となりますが、時間を掛けてそれぞれの社員の経歴や仕事の能力などを考慮しながら、研修のプログラムを作成することがポイントです。

社員研修の講師の選び方に工夫しよう

飽きのこない社員研修を行うために、企業内の担当者だけでなく、時には外部の講師に研修を担当してもらうことが効果的です。例えば、様々なジャンルで第一人者として活躍している講師を招き入れることで、一人ひとりの社員が日々の仕事に対するモチベーションを高められることもあります。そこで、満足度の高い社員研修を実施するために、仲介業者のホームページなどを参考にしつつ、日頃から人気の高い講師の経歴にこだわりながら依頼先を決めると良いでしょう。なお、社員研修のテーマの選び方に工夫をするにあたり、業務の合間を縫って、新入社員から管理職を対象としたアンケートを行ったり、興味のある研修の内容について定期的にヒアリングをしたりすることも有効です。

mg研修はマネジメントを学ぶための研修法です。ゲームを通じた経営体験でマネジメントを効率よく学ぶことができます。

0 Comments
Read Full