入社後にすぐ活躍できる!内定者フォローの3つのポイント

内定者フォローはなぜ行うのか?

内定者の事前研修、つまり内定者フォローには大きく2つの目的があります。1つは、内定者の不安を少しでも軽くすることです。そしてもう1つは、早期社内研修という目的です。早期社内研修という視点から、内定者フォローのポイントを3つ解説していきます。

ビジネスに必要な予備知識を学ぶ期間である

内定が出た後は、残りの学生時代を謳歌する期間、と考える学生もいますが、実は社会人になるまでに必要な基本的な知識を学ぶ大切な期間です。学生気分が抜けないままに、何も準備しないで過ごしてしまうと、4月の入社時に先輩だけでなく同期との大きなギャップに驚くことになります。ギャップが埋まらないまま五月病になり、つらい日々を過ごす新入社員も少なくありません。

学生の意識改革、そして予備知識を自ら学ばせるような環境・情報を提供することが非常に重要です。

社風・企業方針を十分に理解する

企業理解が不十分なままに内定が出てしまうケースもあります。入社前に、万が一そういったことのないように、自社の風土や考え方、方針などを今一度確認することが必要です。そのためには、実際に会社にアルバイトにきてもらうなど、自分の目で確かめてもらうのが確実です。入社時には、高いモチベーションをもって仕事に臨んでもらうことができます。

同期と接触で帰属意識を高める

社員が同じ方向を見て努力できる人間関係は、企業の成長に欠かすことができません。特に、人間関係に敏感な入社早々に、同期同士の絆、先輩への敬意など、よい人間関係を築ける基盤を作りが大切です。OJTなどを通して、仕事を協力することや支えあいを学んでいく重要な期間です。個人的な指導よりも、グループにおける指導が、そういった協力などを学ぶには適当です。

社員教育は、より良い企業運営のために必要です。社内の人事部などで行うこともありますが、外部から講師を招くなどして行う場合もあります。