事業承継の課題と解消するための効果的な対策とは

高齢化による引き継ぐ人がいない課題

現在のところ日本国内は数多くの企業がありますが、どういった企業も引き継ぎに関する問題、要するに事業承継の問題点を有しています。昔は、親がしていた仕事を子が引き継いでいた時がありましたが、近頃では必ずしも親がしていた仕事を子が継ぐとは断言できません。元を正せば、子が後を継ぐ意欲がないケースも想定されますが、子がいないことも想定されます。子はいるけど娘のみしかいないケースでは、そう簡単には事業承継しようとは考えないでしょう。 非常に大きな企業であれば話は違いますが、日本の企業のだいたい98パーセントを占有している中小零細企業であれば、一般的に他人ということではなく血が繋がっている直系の方が承継しますので、子が後を継がないと会社組織をたたむ必要があります。ここにきて、事業承継する子がいませんので、安易には仕事をリタイアすることができない70から80代の会社の経営者も珍しくありません。自明のことですが、優秀な会社も多いと言えますのでそっくりそのまま会社組織をたためば国にとりましても損失になります。

マッチングは効果的な方策です

事業承継の課題に対して1つの有効な対策があります。これは、自治体毎に事業承継を率先して立ち向かい、事業承継に取り組みたい人同士で結び付けることで、後継者を生じさせるシステムの確立です。例として、すでに会社組織を経営していて、今後会社組織を他の人に譲りたい人は、自治体に問いあわせて、マッチングを努めます。 後を引き継いでほしいと希望される人がいる反面、継承したい人も必ずいらっしゃいます。継承したいと希望される人も同じ様に自治体に対して問い合わせることを通して、マッチングさせることができます。

事業承継とは、会社の経営を次代に引き継ぐことです。近年高齢化するオーナー企業が後継者を見つけられず失敗するケースが増えています。コンサルタントに早めに相談するなど前広な準備が肝要です。