引越し準備の進め方次第で片付けが楽になります

引越しの荷造りは普段使わないものから梱包しよう

引越しの日取りが決まる荷造りを少しずつ始める必要がありますが、いざ荷造りをしようとするとどこからやれば良いのか悩む人は多いのではないでしょうか。荷造りの基本は普段使わないものを最初に行う、頻繁に使うものは後回しにする事です。食器類は新聞紙で割れないように包んでダンボールに詰めて行く事になりますが、食器類も頻繁に使うものだけを残して、なるべく多くを最初に梱包しておきましょう。衣類などの場合は、引越しが春時期であれば、夏物や冬物などは最初にダンボールに詰めてしまえば後で楽になります。引越しが決まった時点から、使うものを減らすのも荷造りのコツです。ちなみに、書籍類は紐で綴じるのではなく、ダンボールに詰めて荷造りを行う事が大切です。大半の場合、ダンボールは大小2つを業者さんから貰っているので、重量のあるものは小さいダンボールに詰めておきましょう。

種類毎に専用のダンボールを用意しよう

食器類、キッチン用品などの荷造りを行う時には専用のダンボールを使いましょう。色々な部屋にあるものを1つのダンボールに入れてしまうと、荷解きする時にキッチン用品は台所、浴室用品はお風呂場などのように、あちこちに持って行かなければなりません。オーディオ機器やテレビ、エアコンなどのリモコン類や接続ケーブルなども一つの箱に入れておけば片付ける時に楽になります。引越しが完了すると、新居にはダンボールの山が出来るので、探しているものがどこにあるのかを明確にするためにも箱にはラベルを貼り付けるなどして、中身を開けなくても分かるようにしておきましょう。

不用品の回収は、家電・家具・農機具といった処分に手間が掛かるジャンルの品を持って行ってくれるので、信頼できる業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収なら東京の情報
公式ブログ