文章執筆の仕事をしている人はこのような方法で執筆の効率化を図っている

クラウドを使ってもどこからでも原稿を書けるように

文章の執筆はその昔、万年筆やボールペンを使って原稿用紙に書くという形で行われていました。古いドラマに出てくる小説家が、書いたものが気に入らないと原稿用紙を破って、新たな原稿用紙に一から書くというシーンを見たことのある人もいるでしょう。今も原稿用紙に書いている作家はいますが、大半の人はパソコンを使って書いています。原稿の一部を削除して新たな文章を挿入するといったことが簡単にできるので効率がいいからです。では、さらに効率化して原稿を書く方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。まず、原稿の保存先をパソコンなどの端末ではなく、クラウドサーバーにすると効率はよくなるでしょう。クラウドサーバーを保存先にすれば、自宅のパソコン、外出先のスマホ、ネットカフェのパソコンなど、いろいろな端末から原稿ファイルにアクセスして書き進めたり、訂正することが可能になるからです。

音声入力を使えばキーボードで打ち込まずに済む

また、最近、一部のライターが取り入れている効率のいい執筆方法として、音声入力を使う方法があります。音声入力はスマホを用いて検索キーワードを入力したり、あるいは乗り換えアプリに駅名を伝えたりといった風に、短い言葉を入力するのによく使われますが、長文を入力していくことも可能です。実は、音声入力自体は昔から存在していましたが、言葉を認識する精度が今ひとつであまり普及していませんでした。しかし、最近はスマホのアプリを通じて音声のサンプル数が爆発的に増えたことで精度が上がっており、かなり正確に聞き取れるようになっています。今後、キーボードをほとんど使わず、喋りながら原稿を作っていくライターが増える可能性は十分あるといえるでしょう。

仕事の流れを表現するときに便利なのはワークフローです。一番わかりやすいのは、稟議書等の書類を次に誰に回付すればいいのかという順番が矢印等で示されていて、経由順序や決済者がひと目でわかります。